>

安芸郡 熊野町(くまのちょう)

広島市の東、安芸区矢野町から、熊野道路を通り、トンネルを抜けると、熊野町です。

筆の産地として有名な熊野は、瀬の川の上流に当たります。
有料道路が出来る前は、峠越えが大変なところでした。
地名の由来と思われるのは、安芸郡と呼ばれて地域のはし、隈(すみ)にあるため、隈という漢字を「くま」と読み、安芸郡の隈にある野原、という意味で「くまの」とよばれるようになったといいます。そして、「くま」と言う漢字を、今の動物の熊に変え、熊野としたということです。

タグ:地名 広島
【安芸郡の最新記事】
posted by chimei-hunter at 03:53 | Comment(0) | 安芸郡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庄原市 帝釈峡(たいしゃくきょう)

広島県の北東部、庄原市東城町に位置し、国定公園に指定されています。
秋には紅葉が美しく、ダムによってできた湖は神龍胡(しんりゅう)と呼ばれています。


南北約20kmにわたる、日本5大名峡の一つといわれている帝釈峡は、天然の岩で出来た日本一の天然橋「雄橋(おんばし)」、白雲洞に代表される鍾乳洞など、変化に富んだ自然造形で有名です。帝釈峡の名前の由来は、石雲山(せきうんざん)永明寺(えいみょうじ)に祭られている神様、帝釈天に由来します。
帝釈天は、ふうてんの寅さんの・・「柴又の帝釈天」で産湯につかり・・というくだりのある帝釈天です。

posted by chimei-hunter at 00:19 | Comment(0) | 庄原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする