>

庄原市西城町 油木(ゆき)

「あぶら」に「き」を書く油木は、国道314号線、そして木次(きすき)線の駅でもある油木駅があります。

備後の油木町とは同じ漢字で、広島市の湯来町とは漢字違いです。
あまり、知られていない3番目の油木が、県北の西城町にあります。木次線は、備後落合と島根県の宍道湖畔の宍道駅を結ぶ路線です。

油木の町名の由来は、このあたりに温泉が出ていたということで、湯が出て喜ぶ、湯喜と言われていたということです。また、弓の材料となる木を、貢(みつ)いでいたため、弓の木と書いてゆきと呼ばれたという説もあります。冬は雪深い地域です。


タグ:木次線
posted by chimei-hunter at 14:07 | Comment(0) | 庄原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。