>

庄原市 帝釈峡(たいしゃくきょう)

広島県の北東部、庄原市東城町に位置し、国定公園に指定されています。
秋には紅葉が美しく、ダムによってできた湖は神龍胡(しんりゅう)と呼ばれています。


南北約20kmにわたる、日本5大名峡の一つといわれている帝釈峡は、天然の岩で出来た日本一の天然橋「雄橋(おんばし)」、白雲洞に代表される鍾乳洞など、変化に富んだ自然造形で有名です。帝釈峡の名前の由来は、石雲山(せきうんざん)永明寺(えいみょうじ)に祭られている神様、帝釈天に由来します。
帝釈天は、ふうてんの寅さんの・・「柴又の帝釈天」で産湯につかり・・というくだりのある帝釈天です。

posted by chimei-hunter at 00:19 | Comment(0) | 庄原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。