>

広島市南区 似の島(にのしま)

広島港から南に約3キロの島で、広島市内からもきれいな島の形、安芸小富士を眺めることができます。

江戸時代に、荷継ぎの港であったことから荷の島と呼ばれ、その呼び名で字を買え似の島になったという説と、現在の似の島の安芸小富士が富士山に似ることから似島になったという説がありあます。
明治28年、日清戦争の時には、陸軍検疫所が置かれ、その後の日露戦争ではロシア兵の捕虜収容所が設置されました。
太平洋戦争中は、陸軍似島倉庫・兵器補給廠(しょう)が置かれました。
昭和20年、原爆による重傷者が似の島の陸軍検疫所に船で運ばれ多くの人がなくなりました。
昭和21年には旧陸軍似島倉庫を改築し、戦災孤児を収容する似島学園が完成しました。戦争に翻弄され、それとともに歩んできた島です。


【広島市南区の最新記事】
posted by chimei-hunter at 00:03 | Comment(0) | 広島市南区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。