>

三次市 塩町(しおまち)

福塩線は塩町と福山市を結ぶ鉄道です。県北の三次市市街地の南東に位置します。

山間部にありながら、海にある塩をいう字が使われる不思議な地名、塩町です。
地名の由来は、町名に塩分を含む温泉が出る小さな池があり、そこに塩神社を祭ったことに由来します。昔は、福塩線の神杉(かみすぎ)駅が初代の塩町駅を名乗っていました。


【三次市の最新記事】
posted by chimei-hunter at 23:56 | Comment(0) | 三次市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。