>

三原市 沼田東町七宝( ぬたひがしちょう しっぽう)

三原市を流れる沼田川の河口の西岸に位置し、沼田川沿いを走る国道2号線とは川を挟んで、対岸になります。

三原市の七宝(しっぽう)とは、「ななつのたから」と書きます。七宝という漢字は、七宝焼きの陶器でも有名な、愛知県の七宝町と同じ漢字を当てます。
沼田東町七宝は、昔からみずはけの悪い地域で、江戸時代に水門が作られました。
地名の由来は、七つの宝が埋められたという伝説によるものだということです。

七宝とは仏教の経典にある七つの宝物をさし、その宝とは 金、銀、水晶、瑠璃、
蝦蛄(しゃこ貝)、珊瑚、瑪瑙(めのう)をさすそうですが、経典によって多少この7つが違うようです。

【三原市の最新記事】
posted by chimei-hunter at 16:33 | Comment(0) | 三原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。