>

広島市西区観音町(かんのんまち)



広島西空港から平和大通りに至るまでのひろい地域です

江戸時代初期に開かれた土地で、もとは開発者の名前をとり「新蔵新開」と呼ばれました。
新蔵は同じ頃この地に観音堂を建立した田頭氏の先祖と思われ、田頭氏は代々この堂を維持し、村の地主でした。

地名はこの観音堂に由来しています。観音堂は「観音院」と呼ばれるようになり、現在は東観音町になります。
posted by chimei-hunter at 02:33 | Comment(0) | 広島市西区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。