>

庄原市東城町

中国自動車道の東城インターチェンジもあり、帝釈峡で有名です。また、古く、栄えていたことをしのばせる町並みが残ります。


室町時代にこの地を納める、宮氏(みやし)が、現在の東城町の「ごほんだけ」と西城町の「おおとみやま」に山城を築きました。地名は、その二つの城の東を東城、西を西城といったことに、ちなみます。
また、このあたりは「たたら」と呼ばれる、製鉄が盛んで、物資は町をそのまま南に下り、福山から鞆の港に入り、瀬戸内海を運ばれていったということです



posted by chimei-hunter at 23:58 | Comment(0) | 庄原市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。