>

広島市安佐北区可部(かべ)

広島市中心部から国道54号線を北上します。現在はJR可部駅の終点でもあります。



可部は古くから、水運のかなめ、として栄えました。
可部町の由来は、律令制のころ、税を徴収する単位を郷として、可部のあたりは「漢弁(かべ)郷」といわれていました。そこから、可部になったといわれています。漢弁の由来は不明です。

江戸時代からは可部町として、川舟の発着場として舟が年貢米等を積んで太田川を下りました。明治末から、清酒・醤油醸造・織物とならび風呂釜・鍋等の鋳物工業が主要産業となり、現在でも五右衛門風呂を製造する大和重工が可部駅前にあります。



posted by chimei-hunter at 23:58 | Comment(0) | 広島市安佐北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。