>

広島市東区牛田

広島駅の北に位置する牛田やまの裾野に広がる地域です。


牛田の地名の由来は、律令制がしかれていたころ、領地を管理する「うし(大人)」の田んぼであったことから、牛田を呼ばれるようになったという説があります。
「うし」とは、大人(おとな)という漢字を当てて、昔の貴族や領主を意味します。
奈良時代には奈良・西大寺(さいだいじ)の荘園で牛田荘(うしたしょう)とよばれました。
また、戦国時代には、太田川河口に位置していることから毛利軍の水軍の拠点とされたということです。
牛田の象徴でもある工兵橋は、明治22年、工兵第五連隊が牛田の演習場への連絡路としてかけられ、1921(大正10)年吊り橋化されたました。


posted by chimei-hunter at 22:21 | Comment(0) | 広島市東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。